ガーデニングの愉しみin八ヶ岳

yamaguri49.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 05日

秋の瑠璃色の実が存在感のあるサワフタギ

あまり背が高くならず、横に広がる樹形の木が、白い小さな花を咲かせている。サワフタギだ。名前の通り沢を跨ぐようにして咲くことからこの名がついた。ところがアダージョの森には沢はないが、乾いた森の中でもよく育っている。
秋の瑠璃色の実が素晴らしいので、どちらかと言えば、秋の方が存在感が強まる木である。

a0157677_20391765.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-06-05 20:27 | 庭の樹木


<< 白いレースが広がるオルレヤ・グ...      雑木林の厄介者だが、花は美しい... >>