ガーデニングの愉しみin八ヶ岳

yamaguri49.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 26日

花の苗が届く

トウテイランという、美しい花がある。中国湖南省の洞庭湖の水の色のように澄んだ青い花を咲かせることにちなんで、名付けられたと言われている。日本海側の限られた地域にしか自生しないという貴重な花だ。

そのトウテイランを大切に育てられる方から「秋に涼しくなったらお送りしましょう」と言われて、楽しみにしていたが、今日宅急便で届いた。自生地は沿岸部と言われいている花が、標高1100メートルの冷涼な八ヶ岳の地で育ってくれるかどうか、お聞きすると「比較的丈夫な宿根草」ということだ。

a0157677_7272127.jpg


宅急便で送られてきた箱の中には、トウテイラン以外にも、大きく育ったササユリ球根が入っている。

a0157677_72831100.jpg


送ってくれた方は、丹後半島に自生する野草を10年にわたって撮影し、このほど写真集を発刊された。その発刊作業が忙しい中、約束を忘れずに送っていただいたもので、親切心に頭が下がる思いだ。

さらに、エビネ、ハマギクもいただいた。乾燥させてしまってはいけないので、とりあえず、山の腐葉土をいれた植木鉢に植え替えた。用土、日当たりの適否は分からないので、ゆっくり調べなければならない。

a0157677_7311692.jpg


「ササユリは難しい」といわれたので、誰か、育てられている方から適切なアドバイスを受けなければならないと思う。

ベニバナヤマシャクヤクの種

a0157677_7323555.jpg


これはまだ播いていない。雑木林のなかで自生しているという花なので、そのまま播くといいとのことだが、はたして播くとなると、場所が悩ましい。日当たり、水はけを考える。これも、よく調べて、播くことにしよう。

[PR]

by yamaguri49 | 2010-09-26 21:46


<< 宿根草の植え付け      ブルーベリーの植え付け >>