ガーデニングの愉しみin八ヶ岳

yamaguri49.exblog.jp
ブログトップ

タグ:春の訪れ ( 19 ) タグの人気記事


2012年 05月 07日

しずのおだまき 静御前と義経がしのばれる可憐な花

オダマキの花たちが、雑木林の山野草花壇から芽をふきはじめた。見ているうちにどんどん大きくなり、ミヤマオダマキが、花を咲かせた。白に青を重ねたお洒落な服装だ。やや下向き加減に咲いている。内側は糸巻きのようになっていて、機織りの麻糸を巻いた「苧環」にその姿が似ていることから名づけられた。

「しづやしづ 賎(しづ)のおだまき 繰り返し 昔を今に なすよしもがな」

その昔、頼朝に捕らえられた静御前が義経のことを思って歌ったと言われいている。
a0157677_75339.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-07 07:06 | 庭の花
2012年 05月 06日

雑木林の足元に自然にミツバが生えてきた

雑木林の周りには「せせらぎ」が流れていて、そのあたりは湿気ている。そんなところに生えてくるのがミツバだ。摘んでみるとなんとも言えずかぐわしい。朝の味噌汁に添えると、これも春を感じさせてくれる一品となる。

a0157677_9292385.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-06 09:30 | 山菜
2012年 05月 06日

ピンクの金平糖ウグイスカグラ

雑木林のあちらこちらに、ピンクの金平糖がぶら下がっている。ウグイスカグラだ。小さな花をよく見ると、実にかわいらしい。秋には、真っ赤な実をつけるのもいい。ところが、ウグイスカグラは、そこらじゅうに生えてきて、しかも、雑草の様な樹形なるので、残念だ。

a0157677_7573431.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-06 07:57 | 庭の樹木
2012年 05月 06日

春風に細い枝を揺らすヤマブキ

R141を走っていると、日当たりのいい法面の上の方に、大きく枝をたらせて、ヤマブキが咲き始めた。アダージョの森の南側にも咲いているが、株が小さいので、ほとんど目立たない。緑色の枝を垂らして、深い黄色の花が風に揺れている。この花が存在感を主張するのはほんの短い時だ。

a0157677_7485818.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-06 07:48 | 庭の樹木
2012年 05月 06日

藤色の宝石、フデリンドウが咲き始めた

雑木林の足元に、藤色の宝石が輝いている。フデリンドウだ。自然の織りなす妙というのか、なんとも言えないほど艶やかで、かわいらしい花だ。この花が庭のそここに咲いてくれると、白と黄色が多かった庭が色鮮やかになってきた。

a0157677_7412785.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-06 07:42 | 山野草
2012年 05月 06日

清楚な白い花をつけるヤマザクラが満開になった

八ヶ岳の雑木林にもいよいよサクラが満開となった。桜は、真っ白で清楚なヤマザクラだ。葉の展開とともに咲くヤマザクラは、近くで見あげると、空の光りの陰になってしまって、ほとんど見えない。ところが向かいの山のヤマザクラを見ると、萌え始めたばかりの雑木林の中に、実に色鮮やかに咲き誇っているのを見て取ることができる。

a0157677_7271134.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-06 07:26 | 庭の樹木
2012年 05月 01日

どんどん伸びるウド

ウドが精力的に芽を伸ばしてきている。軟白させようと山のように土と枯葉をかけておいたのに、それを押しのけぐんぐん芽を伸ばす。そろそろ食べころかな。天ぷらは言うに及ばず、生でかじるのも美味しい。ほろ苦い春の味を楽しもう。
a0157677_7351389.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-01 07:35 | 庭の花
2012年 05月 01日

ヤロウ

庭のハーブ類がどんどん芽を吹き始めた。宿根するハーブ類はいいな。ヤロウの成長には目を見張るものがある。若々しく少しシルバー調の葉をどんどん伸ばしてきている。もう少しするとハーブティを愉しめそうだ。
a0157677_7271416.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-01 07:27 | 庭の花
2012年 04月 30日

中世ドイツの悲恋の花ワスレナグサ

南側の花壇に植え付けたワスレナグサがしっかり根付いて、花を咲かせている。ターシャチューダの庭のワスレナグサ。いつか、この庭も、こぼれ種で増えたワスレナグサが満開になってくれることを夢見よう。

==中世ドイツ、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸へ降りたが、誤って川に流される。ルドルフは摘んだ花を岸に投げ、「僕を忘れないで」という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした。==

a0157677_7295946.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-04-30 07:30 | 庭の花
2012年 04月 30日

オオイヌノフグリとホトケノザの絨毯

まだ何も植えられていない畑。冬の間は土の色だけだったが、一面二色の絨毯になった。オオイヌノフグリとホトケノザ。
a0157677_6544099.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-04-30 06:55 |