タグ:春の花 ( 11 ) タグの人気記事


2013年 05月 05日

フデリンドウ

ブログが暫くお休みになっていた。
庭の花が美しく咲きだしてきたので、そろそろ再開しよう。

今日は、フデリンドウ。雑木林の足元、日当たりのいいところに、真っ青な色でかわいらしく咲いている。


a0157677_658507.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2013-05-05 07:09
2012年 05月 29日

鶴が舞っているかのような、マイヅルソウ

八ヶ岳の雑木林の中、マイヅルソウの群落が2か所ある。ハート形の葉から鶴が舞う姿を連想してこの名がある。花弁が反り返るごく小さな白い花もすこぶる可愛い。それが、足の踏み場もないほど一面に咲き誇る姿は自然の妙としか言いようがない。これが秋には、またまた食べたくなるほど美しい赤い実をつけるのだ。

a0157677_813178.jpg

a0157677_81574.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-29 07:51 | 山野草
2012年 05月 26日

スクッと立ち上がってきた白いオダマキ

八ヶ岳の雑木林のやや日のあたるところに、白いオダマキが大きくなってきた。花は白いが、距はうす紫色に染まっている。シロオダマキというより、園芸品種の様な気がする。

a0157677_83868.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-26 07:57 | 山野草
2012年 05月 25日

りりしい姿のササバギンラン

チゴユリと時を同じくして、スクッと立ち上がってくる野草がある。小さな穂状の花穂に少し角ばった白い花を咲かせている。葉が笹の葉に似ていることからササバギンランと呼ばれている。姿形に、小さいながら
“凛々しさ”を感じさせてくれる。森の小道の思わぬところに生えてくるので、踏まないように気をつけて歩くことにしよう。

a0157677_8204317.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-25 08:16 | 山野草
2012年 05月 24日

さわやかなブルーの花を咲かせるキャットミント

一度植えたままだが、今年も冬の寒さを凌いで、キャットミントがさわやかなブルーの花を咲かせている。少し日当たりが悪いので、横に這っているが、なかなか丈夫だ。花は小さいがよく見ると唇形をしてかわいい。葉をこすると、香りもさわやかだ。

a0157677_5525729.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-24 05:44 | 庭の花
2012年 05月 23日

森に自生する藤色のイカリソウ

イカリソウは、赤い花が咲く大きな株がある。それしかないと思っていたが、森の中を歩いていると、草葉の陰に藤色の物に目がいった。何かなと思ってよく見るとイカリソウだ。全くの自生のものだが、色の鮮やかさ、形の不思議さにしばし見とれてしまった。

a0157677_2153115.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-23 21:06 | 庭の花
2012年 05月 21日

燃えるようなヤマツツジ

八ヶ岳清里の雑木林が若葉で覆われてくると、ヤマツツジの朱色が広がってくる。木立の中に浮き上がるかと思えば、足元の茂みで咲いている。昨年はもう少し花数が多かったのだが、今年は何故か花数が少ない。燃えるようなヤマツツジは見る者の気分も高揚させるのだが、今年は少し寂しい。今年の冬の厳しい冷え込みで、花芽がやられてしまったのであろうか。
来年は、沢山のヤマツツジを楽しみたいものだ。あたりの樹木を伐採し、日当たりをよくしてあげよう。

a0157677_812593.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-21 21:04 | 庭の樹木
2012年 05月 20日

雑木林の足元に広がる可愛いチゴユリ

八ヶ岳の雑木林の足元に無数の小さな花が咲いている。チゴユリだ。小さくてかわいいことから稚児百合と名づけられたという。あまりに可愛いので踏んでしまわないように、気をつけて歩くのだが、人が歩くところに広がってくるので困る。

a0157677_20313798.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-20 20:20 | 山野草
2012年 05月 19日

君の心は気高く香るスズランのよう

八ヶ岳清里の雑木林にもスズランが咲く季節がやってきた。森の色んな場所植えているスズラン。やはり日当たりが好きで、木陰の陽のよくあたるところのスズランが先に咲いた。
昔ダークダックスががよくこの歌をうたっていた。「すずらんの花のように気高く香る」、君は、純白でもあれば可憐でもある。

♪ ある夏の夜 静かな森を  ひとり歩くとき
  
  いずこともなく ただようその香(か)

  すずらんの 花よ ♪


a0157677_8223024.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-19 08:11 | 山野草
2012年 05月 18日

雪の下でジッと春の訪れを待つユキノシタ

先日、長坂の友人宅を訪ねて、庭に案内していただいた。丁度、アマギシャクナゲがその妖艶な花を咲かし始めていたところだ。天塩にかけて育てているバラ達もぐんぐん蕾を膨らませている。山野草愛好家でもある彼は「このユキノシタ少し変わっているでしょう。よければ持って帰ってください」といただいたのが、このユキノシタだ。模様の縁取りの白が普通のものより太くはっきりしている。

a0157677_6102348.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-18 05:52 | 山野草