ガーデニングの愉しみin八ヶ岳

yamaguri49.exblog.jp
ブログトップ

タグ:初夏 ( 8 ) タグの人気記事


2012年 06月 16日

はっきりした青色の花が咲くシノグロッサム

ワスレナグサに似ている、小さな青い花が、びっしりと咲くシノグロッサム。こぼれ種でよく増えるとのことだ。ワスレナグサがどうも上手く育てられないので、ひょっとすると、ワスレナグサに替わりうるかもしれないと思い、この花を購入した。

a0157677_11253182.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-06-16 11:26 | 庭の花
2012年 06月 07日

青さが美しいミヤマヤエムラサキ

そろそろ2012年も梅雨入りしそうな天気が続く。これからはヤマアジサイのシーズンを迎えるが。そのトップをきって咲き始めたのが「ミヤマヤエムラサキ」。まだ、苗が小さいので少し寂しいが、青色の花が美しい。

a0157677_2122169.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-06-07 21:01 | 庭の樹木
2012年 06月 06日

白いレースが広がるオルレヤ・グランデフローラ

はっきりとした真っ白な花をレースの様に咲かせるオルレヤ・グランデフローラ。まとまって生えると、庭が明るく輝くようになる。こぼれ種でもよく増える、というので、この春購入した。本当にどんどん増えてくれればうれしいのだが。

a0157677_2053315.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-06-06 20:40 | 庭の花
2012年 06月 05日

秋の瑠璃色の実が存在感のあるサワフタギ

あまり背が高くならず、横に広がる樹形の木が、白い小さな花を咲かせている。サワフタギだ。名前の通り沢を跨ぐようにして咲くことからこの名がついた。ところがアダージョの森には沢はないが、乾いた森の中でもよく育っている。
秋の瑠璃色の実が素晴らしいので、どちらかと言えば、秋の方が存在感が強まる木である。

a0157677_20391765.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-06-05 20:27 | 庭の樹木
2012年 06月 04日

雑木林の厄介者だが、花は美しいヤマフジ

雑木林のいたるところにヤマフジの小苗が立ち上がってきた。これが、左巻きに木に絡みつき、よじ登って行くと、木を切るときには困ったことになる。(ノダフジは右巻き) 先日も、ヤマザクラを切ったのに、木の上の方で他の木に結びついていたために、倒れないので手を焼いた。もっとも、水で柔らかくしてフジ籠を編む材料にもなる。

このヤマフジだが、今の季節には見事な花をつけている。下からは見えにくいが、少し離れるとその美しさがよくわかる。

a0157677_6514773.jpg


a0157677_656312.jpg



[PR]

by yamaguri49 | 2012-06-04 06:38 | 庭の樹木
2012年 06月 03日

森の一番高いところに、真っ白なホウノキの花が咲いた

真っすぐに天を目指してひたすら伸びていくホウノキ。大きな葉は朴葉味噌でおなじみだが、柔らかい葉でおにぎりを包むといい香りがする。葉がしっかりすると、立派なお皿にもなる。そのホウノキに白い花が咲いた。マグノリアの仲間の白い花だ。純白で気品がある。

a0157677_636671.jpg


a0157677_6361851.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-06-03 06:29 | 庭の樹木
2012年 06月 02日

緑白っぽい小さな花はコマユミ

ツリバナの下の方に、ツリバナとよく似ているが、花弁の数が4個のコマユミが咲いている。緑白っぽい小さな花だ。秋には、赤い実をつける。この木の存在が一番際立つのが晩秋、深い赤色に色づくときだ。

a0157677_6265223.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-06-02 06:23 | 庭の樹木
2012年 05月 31日

雄花と雌花が寄り添うアケビ

雑木林の南側、日のよく当たるヤマザクラのの足元に、アケビの蔓が伸びてきた。これまでは、雄花しか咲かなかったが、今年初めて紫色の雌花が咲いた。秋になると、茶色の実がなるか、楽しみである。サクラの木の横に、蔓を伸ばす、支えと作ってやった。

a0157677_13344943.jpg

[PR]

by yamaguri49 | 2012-05-31 13:22 | 庭の樹木